千曲 川 水位。 長野県河川砂防情報ステーション

千曲川の水位情報

一般的には1年間に5~10回程度の発生頻度です。 命を守る行動をお願いします。

3

千曲川決壊1å¹´ã®æ•™è¨“ãƒ»ä¼çµ±ã®æ²»æ°´å ¤é˜²ã€Œéœžå ¤ã€é

水位センサーは河川の代表点にしか設置されませんので、はん濫危険水位に達していなくても、河川未改修区間などでは氾濫している可能性があります。 氾濫危険水位に到達(レベル4) 避難場所に到着している• 大雨の影響により、千曲川に氾濫の危険が高まっていると言われています。 避難判断推移に到達(レベル3) 避難するか留まるか判断する• 5段階の警戒レベルのうち最も高い「レベル5」にあたる情報で最大級の警戒が必要です。

6

千曲川決壊1å¹´ã®æ•™è¨“ãƒ»ä¼çµ±ã®æ²»æ°´å ¤é˜²ã€Œéœžå ¤ã€é

この先、雨は徐々に弱まる予想ですが、雨が止んでからも土砂災害や河川氾濫への厳重な警戒は必要です。 これまでに降った大雨で数十年に1度しかないような甚大な被害の危険が迫っているとして最大級の警戒が必要です。

8

千曲川

千曲川を含む広域での洪水被害という意味では、今回と似ているようにも思えます。 特に中小河川や上流域では、豪雨時に急激な水位上昇が起きますので注意が必要です。 データは国土交通省川の防災情報よりリアルタイムで取得していますが、水位計測自体が10分おきですのでご留意ください。

11

長野の千曲川ライブカメラと地図・水位データ│災害・防災情報ライブカメラ

信濃川・千曲川にて過去に発生した水害について 信濃川水系信濃川・千曲川は、日本一の規模を誇る河川ということもあり、多くの人に恵みをもたらすと同時に災害時には河川氾濫を繰り返してきました。 それとも気候変動で追いつかないのか。 270年以上前の水害をきっかけに始まった風習が伝承され、地域全体の行事として今も続いているのです。

千曲川流域で277年間、受け継がれてきたこと

まずは、千曲川において史上最大の水害として伝えられている寛保2年の「戌の満水(いぬのまんすい)」、 明治29年の「横田切れ」、大正6年の「曽川切れ」が代表的な水害になります。 長野県は、本ページの利用によって発生する直接または間接の損失、損害について一切の責任を負いません。

千曲川決壊1å¹´ã®æ•™è¨“ãƒ»ä¼çµ±ã®æ²»æ°´å ¤é˜²ã€Œéœžå ¤ã€é

氾濫注意水位に到達(レベル2) 避難の準備を始める• ライブカメラマップ ライブカメラが設置されている周辺マップです。 はん濫注意水位とは、川の水位が上昇してきており注意が必要な水位ですので、引き続き豪雨などの悪天候が予測される場合には、避難する準備をしてください。 ご利用のネットワークによっては、ファイアウォールの設定等により正常に表示できない場合があります。