リバース チャージ 方式。 国境を越えた役務の提供に係る消費税の課税関係について|国税庁

リバースチャージ方式による申告を要する者|国税庁

リバースチャージ方式は前者の事業者向けのみに適用されます。 2.リバースチャージ方式の申告の仕方 具体例を使って、リバースチャージ方式の申告の方法を確認してみましょう。 国税庁長官は登録国外事業者の名称等を、インターネットを通じて公表しています。

10

消費税のリバースチャージ方式とは?

3.登録国外事業者制度 3-1.消費者向けサービスは仕入税額控除できない 取引内容が「事業者向け」であることが、リバースチャージ方式の対象となる条件であると先に述べました。 顧客に、クラウド上で顧客の電子データの保存を行う場所の提供を行うサービス• インターネット等を通じて行われる電子書籍・電子新聞・音楽・映像・ソフトウエア(ゲームなどのさまざまなアプリケーションを含む)の配信• なお、Instagramは2012年にFacebookに買収されていますので、消費税の取り扱いについては、Instagram広告もFacebook広告と同様です。

リバース・チャージ方式による課税

この質疑事例は、照会に係る事実関係を前提とした一般的な回答であり、必ずしも事案の内容の全部を表現したものではありませんから、納税者の方々が行う具体的な取引等に適用する場合においては、この回答内容と異なる課税関係が生ずることがあることにご注意ください。 については、当該役務の提供を行った事業者が申告・納税を行うこととなりますが、国内事業者が国外事業者から消費者向け電気通信利用役務の提供を受けた場合、当分の間、当該役務の提供に係る仕入税額控除を制限することとされています。 改正前までは、消費税は非課税のため納税金額はありません。

16

No.6118 国境を越えた役務の提供に係る消費税の課税関係について|国税庁

少しではありますが、具体例を紹介します。 インターネット等を通じた広告の配信・掲載• 例えばサービスの利用に当たり、個別に契約条件を定めて固有の契約を結ぶ取引は典型的な事業者向け取引です。 電子通信利用役務の提供とは、電子書籍・音楽・広告の配信などの電気通信回線(インターネット等)を介して行われる役務の提供を言います(役務の提供とは、簡単に言うとサービスの販売ってことです)。

リバース・チャージ方式による課税

2 リバースチャージ方式等 国外事業者が行う電気通信利用役務の提供については、「事業者向け電気通信利用役務の提供」とそれ以外のものとに区分されます。 違和感のある処理だと思いますが、一番重要な部分なので両建て処理することをまずは覚えておいてください。 リバースチャージ方式等 国外事業者が行う「電気通信利用役務の提供」のうち、「事業者向け電気通信利用役務の提供」(例:「広告の配信」等)については、当該役務の提供を受けた国内事業者に申告納税義務が課されます(リバースチャージ方式)。

4

リバースチャージとは

個別に交渉して固有の契約を結ぶものが「事業者向け」であり、リバースチャージ方式の対象です。

1

国境を越えた役務の提供に係る消費税の課税関係について|国税庁

これらはすべて、国外の事業者が提供している広告媒体です。 上記の例の場合、10,000円を算入します。 リバースチャージ方式に係る消費税の納税義務が免除されるとともに、仕入税額控除の対象にもなりません。

リバースチャージとは

具体例で考えてみます。 そこで 改正によって上記のような取引(電気通信利用役務の提供)に納税義務が課されることになり 、徴収の漏れが無いようにと考え出された仕組み(課税方式)が リバースチャージ方式だったというわけです。 この記事ではリバースチャージ方式(電気通信利用役務の提供)の概要や、課税対象になる基準や対象となるメディアなどについて紹介します。