門出 品詞 分解。 更級日記門出あこがれ東路の道の果て品詞分解テスト対策

土佐日記『門出』(1)現代語訳

」「竹を取っ ては、いろいろなことに使っていた。

20

更級日記門出あこがれ東路の道の果て品詞分解テスト対策(3/5ページ)

土佐日記「門出」 現代語訳 男も書くものだと(かねてから)聞いている日記というものを、女(の私)も試みてみようと思って、(こうして)書くのである。 サ行変格活用動詞「送りす」終止形 本文 年ごろよく比べ つる人々 なむ、別れがたく思ひて、 日しきりに、とかくしつつののしるうちに夜更け ぬ。 身を投げ出して 額 ひたい を(床に)すりつけて、お祈り申し上げるうちに、十三歳になる年、(地方官である父の任期が終わったので、)京へ上ろうということになって、九月三日、出発して、いまたちという所に移る。

20

更級日記『門出(あこがれ)』解説・品詞分解

菅原孝標の女(作者)からの敬意。 れ=自発の助動詞「る」の連用形、接続は未然形。 菅原孝標の女(作者)からの敬意。

土佐日記『門出』(1)現代語訳

その よし、 いささかにものに 書きつく。 オレンジのマーカーは係り結びです。 あとは文脈判断。

13

土佐日記『門出』(1)現代語訳

さらに、直前に音や声を表す言葉が来ていないときは、「伝聞」だと思ってよい。 ある人、 県(あがた)の四年五年 果てて、 例のことどもみなし終へて、 ある人=紀貫之のこと。 車に乗るとてうち見やりたれば、 車に乗ろうとして、ふと(家の方を)見ると、 人間 (ひとま)=名詞、人の見ていない間 に =格助詞 は =係助詞 参り =ラ行四段動詞「参る」の連用形、「行く」の謙譲語。

20

土佐日記『門出』(1)解説・品詞分解

たてまつる=補助動詞ラ行四段「奉る(たてまつる)」の連体形、謙譲語。

18