水質 汚濁 防止 法。 環境省_水質汚濁に係る環境基準

水質規制のあらまし(水質汚濁防止法等)|春日井市公式ホームページ

以下同じ)の防止を図り、もって国民のを保護するとともにを保全し、並びに工場及び事業場から排出される及びに関して人の健康に係る被害が生じた場合における事業者のの責任について定めることにより、の保護を図ることを目的とする(第1条)。 )又は一の地域が指定地域となつた際現にその地域において指定地域特定施設を設置している者であつて、排出水を排出するものは、当該施設が指定地域特定施設となつた日又は当該地域が指定地域となつた日から30日以内に、環境省令で定めるところにより、前条第1項各号に掲げる事項を都道府県知事に届け出なければならない。

10

排水規制

水質汚濁防止法第2条第3項に定める指定地域特定施設• )を除く。 第12条の2 指定地域内事業場の設置者は、当該指定地域内事業場に係る総量規制基準を遵守しなければならない。

1

水質汚濁防止法

ただし、当該基準の適用の際その者に適用されている地方公共団体の条例の規定で同項の規定に相当するものがあるとき (当該規定による命令に違反する行為に対する処罰規定がないときを除く。

18

水濁法と下水道法

第3 環境基準の達成期間等 環境基準の達成に必要な期間およびこの期間が長期間である場合の措置は、次のとおりとする。 排水監視の徹底と新たな公害防止体制 [ ]• 技術の進歩により、かつては有害な物質を使わなければできなかった製品が、今は無害なもので代用できるようになりました。 損害が2つ以上の事業者のによって生じた場合において、その損害の原因となった程度が著しく小さい事業者があるときは、裁判所は、その者のの額を定めるについて、その事情を斟酌することができる途を開いた。

4

大阪府/水質汚濁防止関係法令のしおり

3 測定結果に基づき水域の水質汚濁の状況が環境基準に適合しているか否かを判断する場合には、水域の特性を考慮して、2ないし3地点の測定結果を総合的に勘案するものとする。 この解説に含まれる環境用語• なお水質事故(河川に有害物質が流出する)を誤って発生させた場合も、当然ながら無過失責任が適用される。

11

水質汚濁防止法とはどんな法律?特定施設に指定されるところとは?

都道府県知事の排水監視義務(15条)• )を浸透させるものは、この法律の施行の日から30日以内に、総理府令で定めるところにより、新法第5条第2項各号に掲げる事項 (水質汚濁防止法第2条第2項に規定する特定施設を設置している者であって特定地下浸透水を浸透させるもののうち同法第2条第3項に規定する排出水を排出するものにあっては、新法第5条第2項第7号及び第8号に掲げる事項に限る。

16

水濁法と下水道法

かつて日本で発生した公害病のうち、「水俣病」や「イタイイタイ病」は水質汚濁が原因でした。 水質事故の場合、や関係機関が行った対策・処理について、原因者に費用負担を求めることができるとしている(第67条)。 無過失責任は、この法律の施行の日以後における有害な物質の排出による損害について適用することとし、遡及はさせないこととした。