源氏 物語 車 争 ひ 現代 語 訳。 源氏物語 車争ひ

荘子 「夢為胡蝶」 現代語訳

高官や殿上役人もそのほうの才のある人は皆残したのである。 「いかし」は恐ろしく荒々しいさま。 相如は(これを)聞いて、一緒に会おうとはしなかった。

源氏物語『車争ひ』現代語訳(3)(4)

徳川義親「国宝『源氏物語絵巻』を切る」『最後の殿様-徳川義親自伝』講談社、(昭和48年)• 「『源氏物語絵巻』現存一覧表」中野幸一編『常用 源氏物語要覧』武蔵野書院、1997年、pp.。 ひらひらと飛ぶ蝶である。

5

紫式部 與謝野晶子訳 源氏物語 梅が枝

もう少しお弾きになりませんか」 と大臣は大宮にお勧めして、秋風楽を弾きながら歌う声もよかった。 院の 尚侍 ( ないしのかみ )は現代の最もすぐれた書き手だが、奔放すぎて癖が出てくる。

19

蓬生(源氏物語)|新編 日本古典文学全集|小学館

若君はわけもなく恥ずかしくて、早く起きて自身の居間のほうへ行き、手紙を書いたが、二人の味方である小侍従にも逢うことができず、姫君の座敷のほうへ行くこともようせずに 煩悶 ( はんもん )をしていた。

19

「源氏物語:車争ひ〜後編〜」の現代語訳(口語訳)

男の兄弟だからって、あまりそばへ寄せてくれませんのですもの、それだのにあなたなどにお見せすることなど、だめですね」 と言う。 女房たちも批難して、 蔭 ( かげ )では笑っていることでしょうから、私の心中は穏やかでありようがありません」 と言って大臣は立って行った。 筒・・・車輪の中心にある丸い木。

11

源氏物語『車争ひ』現代語訳(1)(2)

煎じ薬。 源氏も参内して陪観したが、五節の舞い姫の少女が目にとまった昔を思い出した。

16

「源氏物語:車争ひ〜後編〜」の現代語訳(口語訳)

「このごろの 微風 ( そよかぜ )に 焚 ( た )き混ぜる物としてはこれに越したにおいはないでしょう」 と宮はおほめになる。 宰相中将、 式部卿 ( しきぶきょう )の宮の 兵衛督 ( ひょうえのかみ )、内大臣家の 頭 ( とうの )中将などに、 蘆手 ( あしで )とか、歌絵とか、何でも思い思いに書くようにと源氏は言ったのであった。

8

能「野宮」

見ののしる・・・見て大声で言い騒ぐ。 青=現代語訳 ・下小文字=返り点・上小文字=送り仮名・ 解説=赤字 刎頸の交わり=相手のためならば、自分の首が切られても後悔しないほどの親しい交わり。