細川 藤孝。 細川藤孝のすべてを徹底解説!子孫・家系図や明智光秀との関係も紹介

細川藤孝 「本能寺の変後に光秀を見限った文武両道のエリート武将」

そのために藤孝が守る 田辺城は手薄となり、関ヶ原の戦いの前に西軍によっては包囲されてしまう。 田辺城の戦いの経緯 田辺城の二重櫓です。 【遠山直景】 遠山 直景(とおやまなおかげ)は、 戦国時代の武将で後北条氏の家臣。

18

三淵藤英|足利将軍家に忠誠を尽くした細川藤孝の兄

北半国は一色満信の領国 1581年9月には、明智光秀の仲介で、一色家の家督を継いでいた 一色満信 に、細川藤孝は長女・伊也を嫁がせた。

歴史の目的をめぐって 細川藤孝

『兼見卿記』同年月日条 天正4年 1576 10 27 43 勝龍寺城(山城国)にいる藤孝のもとに吉田兼見が訪れる。 1546年、元服した際に、将軍・足利義藤 後の から「藤」の字の偏諱を受けて、細川藤孝 ふじたか と名乗った。

10

細川幽斎

『兼見卿記』同年月日条 天正7年 1579 2 3 46 祇園の山本加賀より名香が贈られる。 永禄9年(1566年)2月17日。 藤孝には後陽成天皇の弟宮・八条宮智仁(はちじょうのみやとしひと)親王をはじめとして、公家から武将までさまざまな門人がいました。

【細川藤孝】子孫と家系図を画像つき解説!藤孝と足利家の関係とは?

1540年 7歳 の時、父・三淵晴員の兄にあたる勝龍寺城主・細川元常の養子となったとされるが諸説あり、将軍近臣の細川高久の養子とする説もある。 若桜鬼ヶ城を本拠地とする矢部氏は 南因幡では因幡毛利氏などと並んで 有数の国人領主であり、 毛利氏と同じく幕府奉公衆を務めました。

細川藤孝 「本能寺の変後に光秀を見限った文武両道のエリート武将」

和歌を三条西実枝 さねき にまなび,古今伝授をうけて二条家の正統をつたえた。 観世三郎、喜二郎、与五郎、彦右衛門が出演する。