年の功 ことわざ。 ことわざ「亀の甲より年の功」の意味と使い方:例文付き

ことわざ格言:亀の甲より年の功。意味・説明

その一つは、亀は万年生きると言われているけれども、甲羅は進化することがない、しかし 人の寿命は80年ぐらいと短くても、経験や知識を積み重ねるので、より尊いという説です。 亀に比べたら人間の長寿者は短いかもしれないですが、年長者の経験から身につけた知恵や技術は貴ぶべきだ、というところから転じて、年長ものの知識や知恵は尊重すべきだ、という意味になりました。

8

「亀の甲より年の功」とは?意味や使い方を解説!

「騏驎(きりん)も老いては駑馬(どば)に劣る」とは、「騏驎のような駿馬(しゅんめ:足の速い馬)でも年を取ると駑馬(足ののろい駄馬)にも負ける」という意味で、「どんなに優れた人でも年老いると普通の人にも及ばなくなる」ことを例えることわざです。 (^^ゞ ・・・・・・・ ちなみに「亀の甲より年の功」をパソコンで打ったり、辞書を引いたりすると「亀の甲より年の劫」って出ませんか? 「 あれ?Googleさんがまさかの漢字ミス?」 と思うかもしれませんが、実は本来「亀の甲より年の劫」の方が正しかったのです。

12

ことわざ格言:亀の甲より年の功。意味・説明

松毬 まつかさ より年嵩 としかさ :なんといっても長年の経験が大切だということ• 「年の 劫」は、多くの経験を積むこと、「年の 功」は、長年の功績を意味しており、単に歳を取るという意味ではありません。 歳月は知識をもたらしてくれる• 高齢者、先輩、親など年上の人達は、長く生きている分、より多くの経験値を持っているので、話をちゃんと聞くことは大切だよと伝えたい時によく使います。

10

亀の甲より年の功の意味・由来・例文・類語!なぜ亀の甲と比べる?

今回は以上です。

5

【亀の甲より年の功】の意味と使い方の例文(語源・類義語・対義語・英語訳)

万年もの間を生きる亀に比べれば、人間において長寿とされる八十年程度は短く感じるとしても、年長者の経験から身につけた知恵や技術は貴ぶべきだ、というところから転じて、年長者の知識や経験は尊重するべきだ、という意味になりました。

亀の甲より年の劫、亀の甲より年の功

ちなみに、「亀の甲」と「年の劫」は、語呂 ごろ よく韻 いん を踏んで、音をかけているとされています。

亀の甲より年の劫、亀の甲より年の功

しかしその100年足らずの時間には無限に匹敵するほどの価値がある、というのがこのことわざの意図するところです。

10

「亀の甲より年の功」とは?意味や使い方を例文を含めてご紹介

亀 かめ の甲 こう より年 とし の功 こう : 長年かけて積んできた経験は貴重であり、価値があるということ 「亀の甲より年の功」の意味を詳しく 「亀の甲より年の功」とは、 「長年かけて積んできた経験は貴重であり、価値があるということ」を意味することわざです。 やはり亀の甲より年の功ですね。 pixivision• 「亀の甲より年の功」の類語 「亀の甲より年の功」には以下のような類語があります。

3