竹中 工務 店 コロナ。 竹中 工務 店 八重洲 コロナ

ドコモと竹中工務店が建築現場向けソリューションを共同検討

それまでの同社は情報漏えい対策の観点から、社員がパソコンを使える場所を自社の事業所や建設現場の作業所などに限定し、公衆無線LANや自宅からの接続は許可していなかった。 「4月9日、当社の従業員1名が新型コロナウイルスに感染していることが判明しましたので、お知らせいたします。

竹中工務店(理系) 年収1300万円台の副部長まで年功序列で昇格する“サラリーマン建設ピラミッド”の頂点:MyNewsJapan

長谷工版BIMの要(かなめ)ともいうべき、H-CueBを徹底解剖する。 〇新型コロナウイルス感染者に関するお知らせ ・話者:不明 ・更新日:2020年4月10日 ・URL: 株 竹中工務店で出た新型コロナウイルス感染者とその対応について記載。 竹中工務店は、ロボットが自律走行するための経路・範囲シミュレーションおよび遠隔操作・監視を行う、BIMデータを活用した基盤システム「建設ロボットプラットフォーム」を開発した。

1

ゼネコン各社の“新型コロナ対応策”・清水・大林・鹿島ら現場を大型連休後まで原則閉所、竹中も方針表明 (1/3)

具体的には、米CrowdStrike(クラウドストライク)のEDR製品「CrowdStrike Falcon Insight」や次世代ウイルス対策ツールの「Falcon Prevent」に加えて、サイバー攻撃の検知・分析サービス 「Falcon OverWatch」を採用。

3

EDRを起点にゼロトラストに挑む竹中工務店、ユーザーの使い勝手も向上したわけ

だが従来のロボットでは、ティーチングによって清掃範囲を指定するという手間が、その効率化を妨げていた。 BIMによる設計を得意とする竹中工務店ならではのサービスである。 各拠点ではファイアウオールやウイルス対策ソフトなど多層的な防御態勢を構えていた。

13

【リモートワーク時代対策】(株)竹中工務店の取り組み事例

竹中工務店では、新卒採用において事務系と技術系の2つの枠で総合職を採用しており、約8割を理系が占める。 だが、ロボットの状態をクラウドで一元管理し、遠隔で操作できれば、その手間がなくなる。 マルウエアの社内侵入をいち早く検知し、被害が拡大する前に対策を講じる新型のセキュリティー対策ソフトウエアである。

ドコモと竹中工務店が建築現場向けソリューションを共同検討

また、4月25日~5月10日までの16日間は、全社で一斉休業することも決定している。 しかし、現場が「簡単」に使えるロボットの運用ということについては、依然として課題がある。

19

EDRを起点にゼロトラストに挑む竹中工務店、ユーザーの使い勝手も向上したわけ

大和ハウス「全国の現場を5月10日まで休工」 大手ハウスメーカーの大和ハウス工業は、「緊急事態宣言」を受け、2020年4月8日より、対象の7都府県にある26事業所を一時的に閉鎖し、全国の事業所へと拡大してきた。

2