ニコライ ツィスカリーゼ。 ツェスカリーゼ引退: バレエ忘備録

Nikolai Tsiskaridze

c AFP. 卒業公演 ナレーションは女優・原田美枝子さんが担当します。

1

ツィスカリーゼ!!

男子生徒は、みんな本当に良い子たちで仲も良く、ライバル関係で火花を散らす!みたいなものもないんですよね。 二つ目はバレエ団のオーディションで、いわば就職試験ですね。 今劇場で失われている創造性をもっと見たい」 負けん気の強いツィスカリーゼが、大怪我をしたときのエピソードも印象的です。

1

マリーヤ・アレクサンドロワ インタビュー! (全文) [バレエ] All About

女性ダンサーとしては珍しい怪我で、とても大変ではありましたが、今ではすっかり良くなりました。 ただ実際のリハビリは非常に辛いものでした。 この子が一番気にかかる。

4

「白鳥の湖」をめぐる復讐劇 芸術監督への襲撃を指示したボリショイスターダンサーの恨み WEDGE Infinity(ウェッジ)

こうした人材の流入によって新たな作品と後進が育成された。 ワガノアのこともニコライ・ツィスカリーゼのことも全く知らなかったけれど、この番組のお陰で、ちょっとだけ覗くことができた「世界の最高峰」の舞台裏。 しかしこのロシア様式に基づく劇場もに火災に遭い、甚大な被害を受けた。

13

Nikolai Tsiskaridze

バレエ団内部での抗争が背景にあると見られている。 キリル:スタイル抜群でモデルのバイトをするほど。 厳しさの裏にある深い愛情と信頼関係。

7

プロを目指す4人の男子たち、華麗な舞台の裏側 BS1スペシャル「バレエの王子になる!“世界最高峰”ロシア・バレエ学校の青春」 |NHK_PR|NHKオンライン

2005年にロシア功労芸術家、2009年にロシア人民芸術家に選出されるなど、ロシアを代表するダンサーのひとり。

マリーヤ・アレクサンドロワ インタビュー! (全文) [バレエ] All About

たとえば私たちがツアーから帰ってきたら、芸術監督や総裁が違うひとになっていて、ダンサーは全く知らされてなかった、ということが当たり前にあるのです。

NKHドキュメンタリー「バレエのプリンスになる!」に魅了されて

-: 脚注 [ ]• ロシア語の発音では、アクセントのない「O」は「A」の音に近いので…。 心に残ったのは、試験直前にこれまでとても厳しく怖かった校長が「僕が君たちのことを愛していることを知っておいてね」と生徒たちを送り出したところ。 そういえぱ、 「劇場の修繕費が当初予算(570憶円)の16倍って、なんだよソレ! そんで、出来上がりがコレかよ!」 みたいな件もあったボリショイ劇場……(記事は)……決して見た目通りに美しいだけではない、疑惑の殿堂…… しかし、たとえ誰もが思うことであっても、それなりの立場にある人物なら、発言には慎重でなければならないのは、洋の東西を問わないところです。

11

「白鳥の湖」をめぐる復讐劇 芸術監督への襲撃を指示したボリショイスターダンサーの恨み WEDGE Infinity(ウェッジ)

けど時間がかかっても苦じゃないよ。 これは全て悪夢で、目が醒めたら全部幻だったと思いたかった。