世論 読み方。 世論(せろん)と読む。 (よろん)は誤り。NHKが犯人?

「世論」の正しい読み方と使い方は?

日本語学者で辞書編纂者を務める飯間浩明氏が解説する。

14

重用、他人事、世論… 最新の正しい読み方わかりますか?|NEWSポストセブン

しかし,その意味であれば「力不足」という言葉がすでに存在しています。

11

「世論」の読み方

すなわち世論は政治的リーダーに対する国民の意思表示としての機能があると言える。 。 もちろん、こうした複雑な特徴の漢字を廃止すべきだという論が幕末から主張されている。

18

世論(せろん)と読む。 (よろん)は誤り。NHKが犯人?

「常用漢字表」は改定の際,伝統的な「込む」に加え,広く使われるようになった「混む」を採用しました。

13

「世論(よろん)」と「世論(せろん)」の違いと読み方

しかし世論がどのような内容となっているのか、またそもそも"世論"といえるような共通意見が一般にそもそも存在するのかどうか知ることは相当程度に困難なことであり、単なるの意見ないし願望が「世論」として紹介ないし反映されることも多く、 によるないしが成されているに過ぎないと言われることもある。

15

世論の読み方は「よろん」「せろん」、どっちがいいの?

施行…普通は「しこう」と読みます。

19

世論の読み方と意味、「せろん」と「よろん」正しいのは?

結論から言ってしまうと、 世論の本来の読み方は「よろん」でしたが、 いま現在では「せろん」と「よろん」のどちらでも問題はありません。

重用、他人事、世論… 最新の正しい読み方わかりますか?

「もともとあった『ひとごと(人事)』という言葉を『他人事』と書くことがあった。 これは、かつてのによらない形で政治指導者が決定されたことを象徴しているともいえる。

9

重用、他人事、世論… 最新の正しい読み方わかりますか?(2020年11月21日)|BIGLOBEニュース

その結果、新しい読み方でも、慣用として定着していると判断すれば、新規に見出しに加えることになる」 読み方の変化には、いくつかのパターンがある。 日本語学者で国立国語研究所教授の小木曽智信氏はこう言う。 19件のビュー• 使用頻度に関しては、戦前の代表的な国語辞典である『言海』などに収載されていないことが一つの目安になる。

11