茨城 県 鳥 インフルエンザ。 茨城県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認について(41例目)(R3.2.2確認)

茨城県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認(国内41例目)及び「農林水産省鳥インフルエンザ防疫対策本部」の持ち回り開催について:農林水産省

経緯 (1)2月1日、茨城県は死亡鶏が増加した旨の通報を受けて、当該農場に対し移動の自粛を要請するとともに農場への立入検査を実施。 過去の発生状況• (2)同日、当該鶏についてインフルエンザ簡易検査を実施し陽性。 外部リンク (2)現場での取材は、本病のまん延を引き起こすおそれがあること、農家の方のプライバシーを侵害しかねないことから、厳に慎むよう御協力をお願いいたします。

18

茨城県における高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜の確認について(41例目)(R3.2.2確認)

また、鳥インフルエンザの発生を受けて、県は養鶏場などに対し、野鳥や小動物が農場に入らないようネットなどの点検や補修を行うことや、消毒の徹底を呼びかけています。

4

茨城県城里町で発生した高病原性鳥インフルエンザ(国内41例目)に係る搬出制限の解除について:農林水産省

その上で「防疫措置の現場において作業のリーダー役となる獣医師の方々、それから防護服の資材の不足が強く懸念されている」と指摘した。 過去に日本と韓国等において、死亡野鳥で感染確認のある種を含める。

環境省_茨城県における高病原性鳥インフルエンザ発生(家きん国内41例目)に伴う野鳥緊急調査の結果について

県は午前7時からニワトリおよそ84万羽の殺処分を始めるとともに、自衛隊に災害派遣を要請しました。 高病原性に感染すると多くが死ぬ。 関連リンク• 野鳥における高病原性鳥インフルエンザについて 本県の発生状況について 現在の発生状況 潮来市内で回収され、遺伝子検査で陽性となったコブハクチョウ1羽の死亡個体について、確定検査を実施した結果、令和3年2月12日(金)高病原性であることが確認されました。

4

環境省_茨城県における高病原性鳥インフルエンザ発生(家きん国内41例目)に伴う野鳥緊急調査の結果について

(2)同日、当該鶏についてインフルエンザ簡易検査を実施し陽性。

環境省_茨城県の死亡野鳥におけるA型鳥インフルエンザ遺伝子検査陽性について

詳細は、を参照ください。 日常生活においては、鳥の排泄物等に触れた後には手洗いとうがいをしていただければ、過度に心配する必要はありませんので、冷静な行動をお願いします。

14

高病原性鳥インフルエンザ発生農場に対する行政指導について/茨城県

処分後はうがいや手洗いをしましょう。

野鳥における高病原性鳥インフルエンザの発生状況について/茨城県

今季17県目、国内41例目。 この中で野上大臣は、今回は84万羽を飼育する大規模な養鶏場で発生したことに触れたうえで、「規模の拡大が進む中で、感染のまん延防止措置の実施にあたっては、殺処分したニワトリを埋める土地を事前に確保することなどが重要だ」と述べました。 死亡野鳥を見つけたときは、素手で触れないようにしましょう。

20